【人気NO.1】オカムラ・シルフィーを後悔せずに買う方法を徹底レビュー!【当ブログ限定クーポンあり】

当ページのリンクには広告が含まれています。
シルフィー

在宅ワークをする機会が増えてきた人にとって、快適なデスク環境を整えたいと思うのは、至極当然の欲求です。

この記事を読んでいる方も、疲れにくい快適なワークチェア(オフィスチェア)はどれが良いのかを色々と調べている段階だと思います。

そして、この記事を読んでいる皆さんが気になっているのが、ワークチェアの中でも在宅用人気NO.1のオカムラ・シルフィー(Sylphy)ではないでしょうか。

このチェアが人気NO.1となるのには明確な理由があります。それはコスパが良くて”万能”なチェアだからです。

オカムラ・シルフィーは結論から言うと、こんな人におすすめができます。

このチェアは10万円前後で購入できますが、正直この価格帯で、ここまで機能性が高いチェアはほとんどありません。

しかもこのオカムラ・シルフィーは、どんなデスク環境にでも、またどんな角度からでも馴染みやすいデザインになっているので、いろんな部屋のインテリアにも合わせやすい特徴をもっています。

この記事では、オカムラ・シルフィーを買うか悩んでいる皆さんにとって、後悔のない価値のある買いものになるよう、チェックポイントを9つ紹介していきます。

先日、展示会にお邪魔してオフィス家具の中古品などもしっかり見て・座ってきましたので、そのときの写真も交えて解説していきますね〜!

オカムラ・シルフィー(Sylphy)をお得に購入するなら【Kagg.jp】がおすすめです。

【Kagg.jp】は取り扱いしている品揃えは99万点以上、全国送料無料、業界最安値保証という国内最大級のオフィス家具サイトです。

「Kagg.jp」においては、当ブログ限定で「特別割引クーポン」を使うことができます。

当サイト限定クーポンはこちら!
特別限定クーポンコード
  • 【3,000円割引】E7IBZX ※77,000円(税込)以上で使用可
  • 【1,000円割引】Q84ZFW ※66,000円(税込)以上で使用可
  • 【 500円割引】HY0VOX ※下限金額なし

特別クーポン適用手順はこちら

《注意事項》
・3,000円クーポンは対象商品が限られます(詳細はこちら
・3,000円クーポンは1会員様につき1回限り使用可能
・1,000円および500円クーポンは何度でも使用可能
・無料会員登録が必要です(非会員は使用不可)
・クーポンの併用はできません
目次

オカムラ・シルフィーはこんな人におすすめ!

予算10万円程度で機能的なチェアが欲しい人

まずは肝心な予算のところです。

正直、20万円以上もする超高級チェアも気になるけど、さすがにそこまでの金額は出せない。

でもせっかく買うなら、妥協はしたくない!コスパの良い機能的なチェアが欲しい!

そのためなら、なんとか10万円程度なら予算が出せると言う人には、このオカムラ・シルフィーは絶対におすすめできるワークチェアです。

なぜなら、本来ならそれ以上出さないと買えないような機能が盛りだくさん入っているし、座り心地も最上級モデルに引けを取らないくらい快適だからです。

前傾・後傾姿勢で色々な作業がしたい人

このチェアには、前傾・後傾姿勢に調整する機能がついています。

この機能は自分の使用用途に合わせて、姿勢を正しくサポートしてくれて、体の負担を軽減します。

これはオカムラの最上位モデル「オカムラ・コンテッサセコンダ」にもついていない機能です。

他社製の人気モデルで前傾機能がついているのは、ハーマンミラーの「アーロンチェア」(25万円以上)や「セイルチェア」(10万円以上)、エルゴヒューマンの「エルゴヒューマンプロ2」(15万円程度)などです。

前傾姿勢はデスク上で書きもの(イラストや試験勉強、iPadで手書きなど)をする人に向いていて、後傾姿勢はタイピングや映画鑑賞、ブラウジングといった用途で使用する場合に向いています。

このどちらの用途でも使いたい、もしくはまだどんな用途で使うかわからないので、とりあえずあったほうがいいという方には、非常におすすめな機能です。

大柄〜小柄の全ての人

このチェアは高さや座面を前後する調整範囲が広く、また人の腰に合わせて背面のカーブを調整できる「バックカーブアジャスト機構」もついています。

そのため、ほぼ全ての人の体にフィットするようにできており、大柄から小柄の万人におすすめできるチェアです。

参照:オカムラ公式サイト/バックカーブアジャスト機構

例えば海外製のチェア「エルゴヒューマンプロ2」などは、割と大柄な人向けだったりして、小柄な人には座りにくいなどの制限もありますが、このオカムラ・シルフィーはそういった制限がないのも魅力です。

日本のメーカーであるが故に、日本人体型に合わせてあるのも嬉しいところですね。

オカムラ・シルフィーの寸法・重量とカスタマイズ

寸法(サイズ)・重量

オカムラ・シルフィーのサイズ(寸法)は次のとおりです。

参照:オカムラ公式サイト

チェアは購入する際に、部屋のドアを通過できるか確認しておいた方が良いです。

オカムラ・シルフィーであれば、上記のサイズから見て分かる通り、最低でも70cmほどの幅は余裕を持っておく必要がありますね。

また、重量については、つけるオプションにもよりますが、大体20kg程度はあります。

カスタマイズの幅

オカムラ・シルフィーは次のような様々な組み合わせでのカスタマイズが可能で、その範囲はかなり広いものとなっています。

スクロールできます
タイプカスタマイズ
チェアタイプエクストラハイバック/ハイバック/ローバック
ボディカラーブラックボディ/ホワイトボディ
張り地(背面)背:メッシュ/背:クッション
アーム可動肘(3D)/固定肘/肘なし
アルミ脚/樹脂脚
キャスターナイロンキャスター/ウレタンキャスター
ハンガーあり/なし
ランバーサポートあり(背:メッシュのみ対応)/なし
カラー11色より選択

※一部組み合わせによっては選択できないものもあります。

この他に「ワークベール」や「ハイチェア」といったナイロンキャスターとの組み合わせが基本のモデルもありますが、自宅チェアとして使用するには不向きなので、ここでは説明を省きます。

オカムラ・シルフィーで後悔しないためのチェックポイント9選

操作性はどうなの?

操作性については、「前傾・後傾姿勢の調整」が若干わかりにくいですが、慣れてしまえば問題ありません。それ以外の調整機能はかなりシンプルで簡単です。

調整幅もそれぞれかなり幅がもうけてあるので、大柄な人から小柄な人まで対応できるところがこのチェアの良いところですね。

前傾・後傾姿勢の調整

左下の丸いレバーで、前方に回すと前傾姿勢、後方に回すと後傾姿勢に調整できます。

前傾に調整したいときには、レバーを前方に回してから、一度一番後ろまでもたれかかると、前傾状態になります。

前傾状態でロックをかけたいときには、この状態でレバーを直立(中間)の位置に戻して背をもたれかけるとロックがかかります。

前傾状態のロックを解除したい場合には、レバーを再度前方に回すとロックが解除されます。

前傾から直立に戻したい場合には、最後まで後ろにもたれかかった状態で、レバーを直立(中間)まで戻すと、前傾状態が解除されます。

後傾に調整したいときには、後ろまでリクライニングした状態でレバーを後方に回すことで、後傾状態でロックできます。

後傾状態のロックを解除したい場合には、レバーを直立(中間)まで回し、一度後ろにもたれかかるとロックが解除し、直立状態になります。

参照:オカムラ公式サイト

角度としては、前傾で10°、後傾で23°まで調整可能です。

座面の前後調整

座面左下のレバーを引きながら、座面を前に引っ張ったり、後ろにずらすと座面の前後調整ができます。

その調整幅は5cmの間隔で調整が可能なので、自分の身長や足の長さに応じて調整すると、快適に過ごすことができます。

リクライニングの強弱調整

リクライニングの強弱調整については、右下の丸いレバーを回して調整します。

自分の体重になじむリクライニングの反発に強弱を設定してあげると快適なリクライニングができるようになります。

座面の上下調整

先ほどのリクライニングレバーの内側にあるレバーを上にひくことで、座面の上下調整が可能です。

座りながらレバーをひくと下に下がり、腰を浮かした状態でレバーをひくと上に上がります。

調整幅は10cmの間隔で調整が可能です。

ヘッドレストっているの?

オカムラ・シルフィーのヘッドレストありのタイプは、「エクストラハイバック」というモデルになります。

このタイプを選ぶと、アームレストの「肘なし」タイプは選択出来なくなり、必然的に「アジャストアーム」か「デザインアーム(固定アーム)」のどちらかを選択する必要があります。

このヘッドレストをつけるかどうか悩んでいる方は、次の3つの基準で選びましょう。

ヘッドレストを選ぶ基準
  • リクライニングを多用するか
  • 見た目を重視するか
  • 予算が出せるかどうか

リクライニングを多用するか

一つ目の選ぶ基準として、「リクライニング」を多用するかどうかが重要になります。

作業のときだけチェアを利用して、休憩の際は別のソファーなどでする人には、ヘッドレストはなくても問題ありません。

逆に、一定の作業のあとに小休憩する人や、タイピングの際に頭を後ろにもたれかけて作業をする人ならヘッドレストは必須になります。

オフィスであれば人の目があって小休憩しにくくても、自宅用ならグダグダ作業ができる点も魅力なので、リクライニングを多用するメリットは大きいと思います。

見た目を重視するか

次の基準としては、見た目を重視するかどうかです。

ヘッドレストのあるなしのデザインは、人によって好みが分かれます。

個人的には、「ヘッドレストなし」のデザインはどちらかというとオフィス向きで、「ヘッドレストあり」は自宅用向きなデザインと感じているため、間違いなくヘッドレストありを選択します。

これについては、そのデザインで自分の好みに合った方を選んだほうが後悔はないと思います。

ヘッドレストは後付もできる仕様になっているので、様子見したい人はまず「ヘッドレストなし」を選ぶ方法もあります。

ただし、後付の場合は、一体型で購入するより割高になる点には注意が必要です。

予算が出せるかどうか

「ヘッドレストあり(エクストラハイバック)」は「ヘッドレストなし(ハイバック)」に比べて、約15,000円(税込)ほど高くなります。

この差額を出せるかどうかも、判断基準に入れた方が良いですね。

ただし、用途としてヘッドレストを使う目的がはっきりしているのであれば、躊躇なく「ヘッドレストあり」を選択されたほうが絶対に後悔はないと思います。

この差額分が厳しい方は、他の優先度が低いことにはお金を使わずに、このヘッドレストのために早く稼いで貯めてしまいましょう笑

ランバーサポートって必要?

「ランバーサポート」とは、正しい姿勢をキープするために、腰の部分をサポートしてくれるオプションのことです。(背面がメッシュの場合のみ装備可能です)

機能性だけを聞くと、腰痛でお悩みの方は「これ、絶対あったほうがいいじゃん!」と思われるかもしれません。

私も最初はそう考えていました。

しかし、このランバーサポートは実際に使ってみると、樹脂製のプラスチックで出来ていて少々固めなので、人によっては腰に当たる際に痛いと感じる人もいます。

価格もランバーサポートありとなしのモデルでは、その差額が約6,500円(税込)となります。

私は腰痛持ちではありますが、どうしてもこのランバーサポートの固さが好きになれませんでした。

むしろランバーサポートを無くした方が腰をやわらかく包んでくれる感じがするので、つけない方が好みです。

こればかりは人によるので、実際に試座ができるのであれば、試座をしてから購入を考えられた方が良いと思います。

試座が出来なくても、ランバーサポートは後付(楽天市場で約7,700円程度)もできるので、背面がメッシュタイプの人であれば、最初はつけずに購入されて問題ないと思います。

背面が「クッションタイプ」の場合は、ランバーサポート自体がつけられないので、注意が必要です。

ハンガーっているの?

オプションでつけるかどうか悩むのが「ハンガー」。

付け根の丸いボタンを押しながら上下に動かすことができ、12cmの幅で調整ができます。

ただ、ハンガーの上下調整機能って、普段作業する際に見る場所でもなく、座り心地にも影響しないので、正直あまり意味がないような気がしています。

次の写真を見ていただくとわかる通り、下のバーが伸びているのはあまりデザインがイケてないなあと感じざるを得ませんでした。

展示会でのチェアはオフィス用の中古品だったので、デザインはオフィス感が全面に出ていますが、ハンガーの形も特段のオシャレ感はなし

ちなみにヘッドレストあり・ブラックボディの場合で、ハンガーのイメージはこんな感じです。

参照:オカムラ公式サイト

ボディの色によってもハンガーのデザインの好みは左右されそうです。

使用用途として、在宅用チェアとして使うのであれば、ジャケットなどはクローゼットにしまっておくと思うので、実際はあまり使う頻度は少ないのでは?といった感想です。

しかも価格の差額は約12,000円(税込)程度と以外に高い。

予算的にも厳しくなるので、正直なくても全く問題にならないかなというのが私の感想です。

リクライニングの快適さは?

展示会で3つのシルフィーに座ってみた感想ですが…

さすがにオカムラ最高級の「オカムラ・コンテッサセコンダ」にはわずか及ばないものの、リクライニングはかなり快適でした。

後ろにもたれかかる感じが、ふわっと優しく包み込むような感覚で、「これは気持ちいい!」と思えるものでした。

実際に使っているスタッフの方にもその評判を聞いたところ、このリクライニングについてはお客さんからの定評があるとのことでした。

参照:オカムラ公式サイト

リクライニングの角度は23°まで後ろに倒すことが可能で、比較的浅めに設計されています。

ちなみにオカムラの最上位モデルの「オカムラ・コンテッサセコンダ」は26°まで後ろに倒すことが出来ます(その分、前傾にはできません)。

オカムラ・シルフィーは後傾23°に加えて前傾姿勢でも10°ほど前倒せるので、その調整幅は合計33°で広いと言えますね。

背面はどれを選ぶのがいいの?

背面については、「メッシュ」か「クッション」の2パターンから選ぶことが出来ます。

それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。

スクロールできます
背面素材メリットデメリット
メッシュ・張りのある適度な反発感
・通気性がよい(蒸れにくい)
・見た目がスタイリッシュ
・冬などは寒いと感じることがある
・ヘッドレストや座面との統一感がない
クッション・柔らかく包みこまれる感覚・通気性が悪い(蒸れやすい)
・ランバーサポートがつけられない

ちなみにオカムラ・シルフィーの座面はクッションのみとなります。

これも人によって好みが分かれるところなので、それぞれの特徴を見て、どこを重視するかを判断してもらえると良いと思います。

バックカーブアジャストってなに?

「バックカーブアジャスト機構」とは、体の大きさのカーブに合わせて、ピッタリフィットすることができる機能です。

大柄な人であれば背中が楕円形になるため、緩やかなカーブに合わせます。

小柄な人であれば背中が円形に近くなるため、狭いカーブになるように調整します。

参照:オカムラ公式サイト

調整方法は、後ろの左右両方にあるレバーを同時に下にしておくと緩やかなカーブ(大柄な人用)、上に上げると狭いカーブ(小柄な人用)になります。

実際に私も使ってみましたが、自分の体系に合わせて吸い付くように背面がフィットしてくれて、無駄な隙間がないので、正しい姿勢をキープするのに最適な機能だなと感じました。

割と弱い力でもレバーが簡単に上げ下げ出来たので、ストレスもほとんどなかったです。

キャスターはどれを選ぶといいの?

キャスターとは、チェアを移動する際に必要となる「ナイロン」と「ウレタン」の2種類があります。

特徴はそれぞれ次のとおりです。

「ナイロン」キャスターの特徴
  • オフィスにあるクッションフロア向き
  • 音が比較的大きめ
  • 耐久性に優れる
  • 摩擦抵抗が少ないため転がりやすい
「ウレタン」キャスターの特徴
  • 自宅などのフローリング向き
  • 音が比較的静か
  • 摩耗しやすい
  • 摩擦抵抗が若干強い
  • 傷がつきにくい
  • 注文すると納期が少しかかる場合がある

基本的に自宅のフローリングなどで使用するのであれば、ほとんどの人がウレタンキャスターを選んでおけば問題ないかなと思います。

もっとしっかりしたホールド感が欲しい場合や、床の傷が気になるのであれば、チェアマットを購入するのもオススメです。

異硬度クッションってぶっちゃけどうなの?

オカムラ・シルフィーのクッションは「異硬度クッション」と呼ばれる3段階構造になっているものを採用しています。

これは他のチェアではあまり見られない特殊な構造で、膝に近いほど柔らかくなり、おしりに近いほど固めの素材を使用しているクッションです。

参照:オカムラ公式サイト

このクッションは座ってみるとその凄さがわかっていただけると思いますが、座面全体がおしりから足まで全体を包み込むような感触があります。

正直言葉でなかなか伝えられないところが、非常にもどかしいです。

ほとんど足の部分への圧迫感がなく、長時間座っていても全然疲れないところが非常に優れたクッション素材となっています。

この「異硬度クッション」は最上位モデルの「オカムラ・コンテッサセコンダ」にも採用されています。

そのことを考えると、このオカムラ・シルフィーのコスパの良さがうかがえますよね。

オカムラ・シルフィーをお得に購入する方法とは?

オカムラ・シルフィー(Sylphy)をお得に購入するなら【Kagg.jp】がおすすめです。

【Kagg.jp】は取り扱いしている品揃えは99万点以上、全国送料無料、業界最安値保証という国内最大級のオフィス家具サイトです。

「Kagg.jp」においては、当ブログ限定で「特別割引クーポン」を使うことができます。

当サイト限定クーポンはこちら!
特別限定クーポンコード
  • 【3,000円割引】E7IBZX ※77,000円(税込)以上で使用可
  • 【1,000円割引】Q84ZFW ※66,000円(税込)以上で使用可
  • 【 500円割引】HY0VOX ※下限金額なし

特別クーポン適用手順はこちら

《注意事項》
・3,000円クーポンは対象商品が限られます(詳細はこちら
・3,000円クーポンは1会員様につき1回限り使用可能
・1,000円および500円クーポンは何度でも使用可能
・無料会員登録が必要です(非会員は使用不可)
・クーポンの併用はできません

このKagg.jpで表示されているチェアの価格は、会員登録する前は高めに感じるかもしれませんが、無料で会員登録(1〜2分程度で完了)をすれば、更に大幅な現金値引きを受けることができます。

このサイト限定でのクーポンも使って更にお得な購入を検討してみてくださいね。

まとめ:オカムラ・シルフィーで後悔しないために

自宅用の快適なチェアがほしいと思っている方に向けて、オカムラ・シルフィーを購入する際に後悔しないチェックポイントを9つ紹介しました。

ここを押さえておけば、大きな失敗はまず無くせます。

高級チェアの中でも、最もコスパの高い部類に入るオカムラ・シルフィー。

長時間作業をしても疲れにくいチェアです。

椅子にお金をかけることは、自分の体に投資しているのと同じです。

ぜひ妥協のない選択をして、後悔のない買いものにしてくださいね。

《特別クーポン適用手順の詳細はこちらの記事をチェック!》

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

龍ちゃんでした!

シルフィー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログをきっかけに、生産性や快適性を追求して、自分のデスク環境を整えることに喜びを覚えたパパブロガーです。
このブログではみんなが気になるであろうデスク、チェア、モニター、ガジェットなどのレビューを中心にかゆいところに手が届く記事を目指します。
ぜひ参考にしていってもらえたら嬉しいです!

コメント

コメントする

目次